妊娠中にも安心して飲める葉酸サプリ

妊活開始から取りたい葉酸の効果

妊娠
妊娠するとよく耳にするようになるのが葉酸という栄養素です。
葉酸はほうれん草やブロッコリーといった野菜をはじめ、色々な食品に含まれるビタミンB群の一種になります。

葉酸の主な効果として挙げられるのが以下のようなものです。

  • 妊活中に摂取すると着床率がアップする
  • 細胞分裂が盛んな妊娠初期に積極的に摂取することで胎児の先天奇形リスクを低減させる
  • 授乳期の十分な摂取は母乳の質を高め、また母乳を出やすくする

このように葉酸は妊娠前から出産後まで長期にわたって、デリケートな女性の体を支えてくれる頼もしい栄養素です。

しかし、少しデメリットもあり、それは水溶性という特性。この性質のため、食品中の栄養素が流出しやすいという点があげられます。
おまけに葉酸は熱にも弱いという特徴も持ち合わせています。

そのため野菜を水洗いしたり茹でたりする調理過程において、多くの栄養分が消失してしまいます。
葉酸をできるだけ失わないためには、電子レンジを活用したり蒸したりする調理方法がおすすめです。

効率的な摂取にはサプリがおすすめ

サプリメント葉酸は食品だけで摂取することが難しいわけですが、そこでおすすめなのがサプリメントの活用です。
葉酸サプリには妊娠期に必要な葉酸がしっかり配合されており、毎日の飲み忘れなどなどもないので、葉酸不足になる心配もなくなります。

自分に合ったサプリの選びかた

葉酸サプリにはさまざまなタイプがあります。
まず天然葉酸か合成葉酸かで大きく二分されます。

天然葉酸は自然由来の成分が原料なので安心感を求める女性のあいだで人気が高くなっています。

合成葉酸は化学合成によってつくられているタイプですが価格が手ごろです。
体内吸収率が高いのが特徴で、厚生労働省が推奨している必要摂取量は合成葉酸による数値となっています。

また無添加サプリも健康志向の人に人気があります。
ただし無添加といっても全ての添加物ナシというわけではありません。

そもそも添加物はサプリの製造過程で必要なものであり、健康被害を生じさせるものばかりではないので、自分なりの判断基準で選ぶことが大切です。

過剰摂取に注意

葉酸は食品だけでは過剰摂取になる心配はありませんが、葉酸サプリメントを併用する場合には注意が必要。
1日の耐容上限量を超えるとむくみや吐き気などの副作用が出る場合があるので、用量を守って使用するようにしましょう。